いがくぶっく

医学生ブロガー。医学生の日常とダイエット法の体験記事を主に書いていきます。ライター・プロブロガーという肩書きにぼんやりと憧れを抱いております(笑)

ブルガリアンスクワット×プランクチャレンジの合わせ技で海レジャーまでの1か月間に5kg痩せる

スポンサードリンク

夏のビーチに向けて絶賛体づくり中の鳥井です。

BMIを計算すると標準体重の範疇ではあるものの、見た目を気にするならばあと5キロは痩せておきたかった現状。

ここ数日私が取り組んでいるダイエットは食事回数の制限とスクワットです。

しかし単にスクワットをしていても、どうも運動できている気がしませんでした。

f:id:tanndorii:20160703203305j:plain

偶然こちらの記事を拝見し、その理想的な痩せ方に感心してしまいました。これをまるまる真似してしまおうと思ったのです(笑)

25歳OLの体作り その後(おうちでできるトレーニングと、OLの現在について) - 25歳OLのボディメイク記録(未完)

やはり基本は有酸素運動

記事のOLさんはフィールサイクルという最新のトレーニング施設を利用しているようですが、私の住む街にはおそらく一般的なジムしかありません。

ないものねだりしても仕方がないので、ただのエアロバイクを45分漕ぐことにします。

筋トレは有酸素運動の前にやることが推奨されており、あとは管理してくれるトレーナーさんはいないので、自分でレコーディングダイエットをしましょう。

ブルガリアンスクワット×プランクチャレンジで8月まで自分を追い込む

記事のなかでも注目したのは自宅でできる2つのトレーニング法。

ブルガリアンスクワット

普通のスクワットの負荷に物足りなさを感じながらも回数を増やすことには気が進まなかった私ですが、片足ずつ鍛える「ブルガリアンスクワット」ならば適切にトレーニングできるでしょう。

慣れないとしっかりと体を沈めることができませんが、たしかに普通のスクワットよりも効いていると思います。

プランクチャレンジ

f:id:tanndorii:20160703202514j:plain

画像元

プランクチャレンジはかつて1分半を超えたくらいから耐えられなくなって投げ出してしまったトレーニング。

記事の方は毎日90秒取り組んでいるそうです。

無理に時間の長さを伸ばすことはないんですね。

腹斜筋、腹横筋も同時進行で鍛えたいので、左右のサイドプランクも同時に取り組みます。

目標は5kg減

「元の体重の5パーセントまでの減量ならば健康的であり、リバウンドの心配も少ない」とよく聞きますので、5キロ痩せようとするのは明らかに不健康です。

しかし背に腹は代えられないので目標は現体重から5kg減量を目指します。