いがくぶっく

医学生ブロガー。医学生の日常とダイエット法の体験記事を主に書いていきます。ライター・プロブロガーという肩書きにぼんやりと憧れを抱いております(笑)

とある一人暮らしの医学生の一か月の生活費

スポンサードリンク

こんにちは。今年の夏休みをエンジョイするためにはお金が少し足りない鳥井です。

現在バイトはしておらず、実家からの仕送り頼りで食費も遊びのお金もやりくりしていく必要があります。

f:id:tanndorii:20160704180104j:plain

先月6月は丸一か月間の出費を毎日記録しました。

無理に切り詰めた生活をすることはできませんでしたが、レコーディングダイエット同様に使い過ぎを抑える意識は持っていられると考えたのです。

それでは結果を見ていきましょう。

大学生・鳥井の一か月の生活費

内容 金額(円)
食費 26062
交際費 18700
交通費 1050
医療費 9020
家賃 50000
光熱費 約6000
その他 34002
合計 144834

全然使い過ぎ抑えられてない。泣

内容を少しだけ詳しく見ていきます。

食費

一人暮らしなのでとにかく食費がかかります。

自炊をするとは言ってもお米を炊いて惣菜をスーパーで買ったりパスタを茹でたり。

あとは稀に野菜スープを作るくらいでしょうか。

コンビニは努めて控えるようにしていますが、部活のあとなどはどうしても外食が多くなります。

交際費

飲み会、友人との外食、部活のレジャー、デートなどなど。

部活・サークルに所属しているか否かでここは大きく差が出る出費でしょう。

人付き合いにはお金が必要なのです。

社交的なほどに節約が難しいかもしれません。

交通費

説明不要な気がしますが、電車・バス代です。

タクシーはよほどのことがない限り利用しません。

医療費

私は持病があるので月2回ほど診察代とお薬代を支払っています。

4月からはお薬手帳を持参しないといくらか損するらしいですね。

今調べられないのであとで追記します。

家賃・光熱費

周りの学生と比べるとだいたい平均か、少しだけ高いくらいだと思われます。

光熱費はこれから暑くなってきてエアコンを使う頻度が上がるために節約しないといけません。

日中は大学の図書館で勉強するなどの対策をしましょう。

その他

今月は「その他」が大きかったです。

普段はこれほど使わないのですが、美容院のカット・カラー代だったり、シャンプーなどの日用品を買い込んだり、5000円するクッションを買ったりしていました。

7月は西医体の遠征費用(前払い)がかさむ

8月の西医体の遠征費用(宿泊費+交通費)を支払った7月の生活費は先月を上回り、総額174,474円でした。

大会会場は毎年変わるので交通費の多寡や宿泊費の有無も一概にはいえませんが、だいたい遠征費の総額に5万円以上はかかるでしょう。

大学生の全国平均

大学生の生活費の全国平均は116,960円だそうです。

今回の結果をみると、私は田舎住みの学生にしては使いすぎのようです。

実習と試験がない期間はアルバイトを入れることもありますが、基本的に仕送り頼りなのでもう少し節制する必要がありますね。