いがくぶっく

医学生ブロガー。医学生の日常とダイエット法の体験記事を主に書いていきます。ライター・プロブロガーという肩書きにぼんやりと憧れを抱いております(笑)

グッド・ドクター ドラマ全話感想随時更新中

スポンサードリンク

毎週木曜日夜10時放送。
韓国ドラマのリメイクなんですね。面白さがある程度保障されていると期待。

勉強の息抜きに毎週楽しませていただこうと思います。

f:id:tanndorii:20180714101039p:plain

あらすじ

山崎演じる新堂湊は、先天性の自閉症スペクトラム障がいがあり、人並み外れた記憶力や空間把握能力を発揮するサヴァン症候群の青年。東都大学医学部を首席で卒業し、東郷記念病院の小児科医にレジデント(後期研修医)として招かれる。新堂を招いたのは病院長の司賀明(柄本明)だが、理事長の東郷美智(中村ゆり)をはじめ、小児外科主任の高山誠司(藤木直人)、小児外科科長の間宮啓介(戸次重幸)らからは拒否反応が起きる。

山崎賢人くんが可愛すぎる

私男だけど、第一話のバスに乗ってくるシーンから思わずにやけてしまった。かわいすぎる。黒目がクリクリしてますね。なんとなく、佐野ひなこちゃんを思い出しました。

自閉症の演技はどうなのか、知識がないので何とも言えない・・・。

第一話感想

事故の外傷で緊張性気胸と心タンポナーデを起こした小児の応急処置から知識と技術を示す。

サヴァン症候群については松村邦洋さんがこれに当たるとか、そうでないだとかネットで言われているのを見たことがありますが、細かい作業も得意とするのでしょうか。計算力や記憶力に長けているイメージでした。

他人の気持ちやバックグラウンドを推し量ることが苦手な存在として描かれる自閉症スペクトラムの医師・新堂湊(山崎賢人)と、”常識的な”小児外科の医師たちとの対立構造。

最終的には湊の信条を正義として周りの皆が受け入れていく展開になることが予想されるので、その過程を楽しみにしたい。

病気が完治し退院できると思い込んでいる子どもに、その場での配慮もなく再発の事実を言い渡すシーンは思わず観るのを中断してしまった。常識的にはめちゃくちゃな行為だ。

どちらが正しいというわけではないが、子どもにだって自分の退院日を知る権利があるわけだ。両親の意向を無視して病気の再発を告知することが絶対的に誤りだといえないだろう。(実際は有事で訴えてくるのは親なので、親の意向に沿うことが優先されるのだろうか)

観察力と記憶力を活かして患者の気持ちを一番よく理解できていたのは湊だったというオチ。