いがくぶっく

医学生ブロガー。医学生の日常とダイエット法の体験記事を主に書いていきます。ライター・プロブロガーという肩書きにぼんやりと憧れを抱いております(笑)

便秘解消のコツは条件付けにあり?朝カフェのコーヒー一杯で快便に

スポンサードリンク

今日は私の便秘解消法を紹介しようと思います。完全に個人の経験談なのですが、何かの参考になればと。

f:id:tanndorii:20160721052531p:plain

コーヒーがよく効く過敏性胃腸炎

私は今でこそ自宅で豆を挽いてコーヒーを飲むくらいにコーヒーが好きです。しかし高校生くらいまでは味に抵抗がないものの、コーヒーを飲むたびにお腹を壊していました。

たしかに過敏性胃腸炎の人はコーヒーなどの弱い刺激物でも下痢を起こすことがあります。当時胃腸が弱い傾向にあった私は過敏性の診断はされていないものの、このケースに該当したのでしょう。

私はこの特性を逆手にとり、便秘が数日続くと濃いコーヒーを淹れてブラックで飲むことで蠕動運動を促していました。

いわばブラックコーヒーを弱い下剤として利用していたのです(笑)

コーヒーによるパブロフの犬化

パブロフの犬の実験をご存じでしょうか?

給餌の時間に決まったベルの音を鳴らして飼育された犬が、餌を目の前にしなくてもベルの音を聞いただけで唾液を分泌するようになったという実験です。

ベルの音を聞かせながら給餌する工程を「条件付け」、音を聞いただけで唾液が出る反応を「条件反射」といいます。

この条件反射と同じような回路が私の自律神経に作り上げられているのでしょうか。

私はカフェでコーヒーを飲むとほぼ100%の確率でお腹がゆるむのです(笑)

自宅でコーヒーを飲んでも何も起こらないのでパブロフの犬と全く同じ条件ではありませんし、まして医学的な根拠なんてありません。

それでも普段から便秘傾向にある私がこの方法で悩みを解消できているのです。

一週間ほどお通じがないと気付いた朝には、普段より早めに支度をしてカフェにモーニングを食べに行きます。

カフェオレ一杯を注文するのですが、ほとんど口をつけていないうちからトイレに行きたくなるので、コーヒーそのものの刺激物とは無関係なのではないかと思っています。

f:id:tanndorii:20160721053927j:plain

おわりに

トイレで座って本を読む習慣のある人は、本屋で新刊の匂いを嗅ぐと便意を催すという話を聞いたこともあります。

上手く脳を騙すことができれば便秘の悩みから解消されるかもしれません。

深刻な便秘には便秘外来という専門の窓口もあるので診察を受けることをおすすめしますが、「条件付け」も一度は試してみてくださいね。